サービスを受けるには(申込から契約までの流れ)

利用者がサービスを受けるまでの簡単な流れ!(上記図を参照)

【相談】

お近くの市町村役場に設置されている「地域包括支援センター」または、「居宅介護支援事業所」へ介護サービスを受けたい旨をお伝えください。

【認定】

地域包括支援センターでは 地域住民すべての心身の健康の維持、生活の安定、保健・福祉・医療の向上と増進のために必要な援助、支援を包括的に担う地域の中核機関です。( 介護認定・要介護認定・要支援認定を行います。)

【プラン作成依頼・確認】

プラン作成が依頼され、相談者の希望・状況を把握確認する為、居宅介護支援事業所の担当員(ケアマネージャー)が相談者宅に訪問し、確認等を行います。

【ケアプラン作成】

ケアマネージャー(介護支援専門員)が「相談者(ご利用者)に最適なケアプランを検討し、サービス計画書(ケアプラン)を作成し、サービスを受けるご本人・御家族等でプランについて最終検討・調整を行います。そして、どの事業所の介護サービスを利用するかは、この時点で確定します。

【契約】

ケアプラン(介護サービス計画)をもとに訪問介護事業所がご利用者(相談者)宅を訪問し、重要事項説明書による説明と同意により、双方同意のうえサービス提供契約の締結をします。

【介護サービス提供】

いよいよ介護サービス提供の開始です。ヘルパーさんが利用者宅を訪問したり、利用者がデイサービスセンターへ通所したりし、ケアプランに沿ったサービスを受けます。