訪問介護事業(提供サービスの案内)

訪問介護事業とは?

ホームヘルパーや介護福祉士が介護を必要とする高齢者の家庭を訪問して、食事、入浴、排泄の介助や炊飯、掃除、洗濯といった日常生活を手助けする介護事業です。


サービスの内容

【身体介護】

対象者:介護認定 要支援1~5の方身体に直接接触して行う介助のほか、日常生活に必要な機能向上を目指した専門的援助。

 

<具体的なサービス例>

入浴、清拭、体位交換、着替え、食事介助、外出や通院の付き添い、排泄(オムツ交換・トイレ介助)など


【生活援助】

対象者:介護認定 要支援1~5の方日常生活に支障が生じないように行われる家事に関するサポート。

 

<具体的なサービス例>

・買い物、料理、掃除、洗濯など


【介護予防訪問介護】

対象者:介護認定 要支援1・2の方

 

<具体的なサービス例>

筋力向上トレーニング、フットケア、尿失禁予防、利用者とホームヘルパーが一緒に食事作りを行うことでの低栄養予防、転倒予防、認知症予防など、心身機能を回復し、介護度進行の予防につながるものに限られます。